永遠の愛を誓った2人を繋ぐ証、結婚指輪について

デザインにこだわる

ドレスを着た女の子

永遠の愛を誓った夫婦が身に付ける「結婚指輪」。デザインもとても重要です。ストレートやS字、V字などのアームデザイン、プラチナやゴールドなどの素材にこだわることで、より深い意味を持つ愛の証にできます。

Read more

購入時に関する疑問

丘の上でキス

結婚指輪の購入に関するあれこれを紹介しています。「平均相場はどれくらいか」、「必ずペアリングでなければならないのか」、「婚約指輪を購入した店舗を利用すべきか」などについてです。

Read more

オーダーメイドする

花冠をしている女の人

結婚指輪は一からオーダーメイドでつくることができます。素材からデザイン、装飾まで自由に決められます。2人だけの特別な指輪を、世界に1つだけの指輪を作る必要があり、持っているだけで愛が深まること間違いなしです。

Read more

誓った愛をかたちに

嬉しそうな女性

ハワイアンジュエリーを結婚指輪として大切な人に贈りましょう。定番の結婚指輪には無い遊び心を取り入れることができます。

結婚を約束した男女がお互いに贈り合う「結婚指輪」。
二人の愛、そして結婚したことを証明する証として身に付けられます。
結婚後、常に身に付けた状態で生活を送る人が多いため、シンプルなデザインが主流です。

「結婚指輪」と「婚約指輪」の違いをご存知でしょうか。
このサイトで取り上げている結婚指輪は、めでたく夫婦となった2人が結婚式の際に贈り合う指輪です。
婚約指輪は男性が女性へ、結婚する証として送る指輪です。
結婚指輪がシンプルなのに比べ、婚約指輪はダイアモンドなどの宝石が装飾された特別感のあるデザインが主流です。

結婚指輪の購入は「店舗選び」が重要です。
「品揃えは豊富か」、「2人が望んでいるデザインがあるかどうか」などの要素を複数の店舗で確認し、優良店かどうかをしっかりと見極めましょう。
店舗の下見をしっかりと行えば、お互い満足できる結婚指輪を購入することができます。
結婚指輪は、普段身に付けるアクセサリーよりも特別であるため、なかなか足を運ぶ機会がないブライダル・ジュエリーの専門店などが最適です。

結婚指輪は、左手の薬指にはめます。これにはきちんとした意味があります。
左手の薬指は、心臓と繋がっているとされており、ここに指輪をはめることで「お互いの心と心が繋がる」とされています。
また、左手は「信頼」、薬指は「愛情」を意味するといわれています。
これらにより、指輪そのものにさらに深い意味を持たせることができることから、左手の薬指にはめることが主流になったのです。

結婚式の1ヶ月前までには、結婚指輪が手元にあるようにしましょう。
そのため、結婚式の3ヶ月前までにはオーダーするのがベストです。
結婚式ギリギリになって購入しようとすると、焦りに負け、適当に選んでしまい後で後悔してしまう可能性があります。
逆に嬉しさのあまり、早めに購入してしまうと指のサイズが合わなくなってしまうことがあります。
「3ヶ月前」という期間を把握し、それに合わせて購入するよう心掛けましょう。